• XBJ Staff

動画販売:2019年11月土星セミナー"2020「統合」という名の曼荼羅"




みなさま、こんにちは。ザビエ・ベトコート・ジャパンです。 本日は、昨年11月に2日間かけて開催した、2020「統合」という名の曼荼羅 ~土星の山羊座から水瓶座への移行がわたしたちに伝えること~のセミナー動画販売のご案内です。


こちらのセミナーも、前回のオンラインクラス同様に動画販売のリクエストをいただいておりました。寄せてくださった皆さま、ありがとうございました。


さて、ザビエがここ日本でご縁あって出会ってきた皆さんから、ザビエへの親しみを込めて呼んでくださるニックネームのような名前があります。それは「土星先生」。いつからか、ザビエのことをそのように呼ぶ、または、例えてくださるのを多々耳にするようになりました。


その背景には、ザビエがセッションやセミナー等で、いつも土星に関することを強調して皆さんにお伝えしていることがあると思います。わたしも何を隠そう、人生初めてのザビエのセッションで伝えられたことは、「土星のテーマ」以外になかったと思えるくらい、土星以外のことについて伝えられた記憶が残っていないといっても大げさではありません。そしてそのセッションから10年以上の月日が経った今、ターニングポイントにはいつも土星が関わっているなあ、という実感と共にあります。ザビエ自身、太陽星座が山羊座であることも後押ししているのかもしれません。 今回のセミナーを実際に終えてみて、わたし自身が「通訳」という立ち位置で、これまでザビエと共にセミナーという時間を共にしてきて感じたことは、ザビエにとっての「土星に関してお伝えることの一つの集大成」になったのではないか、ということです。奇妙な言い方になってしまうかもしれませんが、実は今回のセミナーほど、ザビエの伝えたいエネルギーが参加者の皆さんに浸透していったことがかつてあっただろうか?と振り返ってしまいたくなるほどの実感があったのです。わたしの体感レベルでの話でしかないのですが、心の奥底から湧いてきた感動と共に2日間を終えたことだけは、今でも私の記憶に鮮明に残っています。それだからか、動画販売へのリクエストをいただいた時、とても嬉しく思いました。


既に始まっている2020年、土星が水瓶座と山羊座の間を行き来した後、今年の終わりには再びしっかり水瓶座へ移行していくタイミングに、わたしたち一人一人の在り方へのヒントを土星から受け取る機会、とお伝えするには少し大げさでしょうか。


この時代ごとの大変容を生き抜いていく中で、ぜひ必要とされる方に届くことを願っております。


ザビエ・ベトコート・ジャパン代表/通訳 持田 直子




<セミナー動画販売>

ザビエ・アストロロジーセミナー2 days with 小泉マーリ in 名古屋

2020「統合」という名の曼荼羅

~土星の山羊座から水瓶座への移行がわたしたちに伝えること~


収録日:2019年11月9・10日

録画時間:10時間10分

講師:ザビエ・ベトコート 通訳:持田 直子(ザビエ・ベトコート・ジャパン) 動画本数:4本

視聴方法: 動画サイトVimeoにてパスワードを入力しての視聴となります。 スマートフォン、パソコン、タブレットいずれかの端末があり、安定したWifi環境があることが望ましいです。 ※ダウンロード不可 ※2022年12月31まで同サイトにて何度でも視聴可能



価格:¥39,000(税込) [※参考※セミナー参加費¥41,000(税込)] ご購入方法:

1. 下記に記載する所定のページでご購入手続きを行ってください。 2. お支払手続き後、販売サイトBase様より届く「発送完了メール」アクセス用URLおよびパスワードが記載されています。そちらを使ってアクセスしてください。 info@xbjapan.net から届くメールではありません。お間違えのないようご確認ください。


販売専用サイト  ※クリックするとBase様の販売サイトへ飛びます


お支払方法: 銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済、Paypal、携帯電話キャリア決済 ※銀行振込での分割払いをご希望の方は、事務局(info@xbjapan.net)までご連絡ください。


キャンセル規定: ご購入後のキャンセル・返品はできません。予めご了承ください。



プログラム・セミナー概要


1日目:

1. 山羊座に位置する土星からの啓示

2. トランジット(天体の移行)とハウスについての説明

3. 出生図におけるMCとその角度について

4. 分離(seperation)と参加(participation)について

5. 水瓶座に位置する土星からの啓示

6. 個人と集合体

7. 孤立(isolation)と全体(wholeness)

8. 成功と失敗

9. 土星が可能にする2つの選択肢

10. 抑圧(oppression)と麻痺(paralysis)

2日目:

11. 動的なつながり

12. 曼荼羅

13. 曼荼羅の創造

14. わたしと社会、そして、わたしと宇宙

15. シシュフォスの神話 VS プロメテウスの神話

16. フランス人作家アルベール・カミュの人間性

17. 土星山羊座・水瓶座を出生に持つ著名人たち:

ニール・アームストロング、ヴォルテール、ウィンストン・チャーチル、ユング


※開催告知時に作成されたメッセージです。



東京オリンピック開催年である来年2020年から、現在は山羊座に位置している土星が、水瓶座への移行を開始します。土星が持つ検閲機能、責任を果たすこと、そして、物事を達成することは、支配するサインの山羊座からもう一つの支配するサインへと受け継がれていきます。ということは、土星が極めて突出したポジションにさらにもう5年間位置する、ということを意味しています。

この状況は、30年おきに発生するごく自然なことではありますが、冥王星が山羊座に、そして水瓶座のもう一つの支配星である天王星も(山羊座と)同様に土の元素のサインである牡牛座に入宮中であることから、今回のトランジットが特に重要である、ということが言えるのです。なぜならさらに言うと、木星は、2020年と2021年にかけて山羊座と水瓶座に位置します。冥王星が250年という一つのサイクルを完遂しつつあるということーそれはこの世界が集合的レベルだけでなく個人レベルにおいても、深い変容と再構築を経験することを意味することもあり、ここでお伝えしている天体の組合せは、非常に重要かつ極端であると言えるでしょう。

占星学における真の鍵となる土星が、その土星自体を支配する2つのサインに位置するということは、この土星という天体の本来の質を学びそして理解する最大のチャンスが訪れたと言えるでしょう。それは、この土星という星がわたしたちそれぞれの出生図の中のどこに位置していようとも、山羊座のテーマである達成と成功と、水瓶座がもたらす社会と人生の統合の力学との関わりを常にもたらしているのです。

今回のセミナーでは、友人でありいつも占星学視点において刺激を与えてくれる小泉マーリさんとお集まりくださる皆さんと共に、土星が意味することおよび2つのルーラーシップ(支配するサイン)についてより深みのある発見をしていきましょう。

<原文>

From next year on, 2020, year of the Tokyo Olympics, Saturn, now in Capricorn, will start transiting in Aquarius. Saturn, censorship, responsibility and achievement will pass from, Capricorn, the sign of its rulership to another sign it governs; this means 5 years of Saturn in an outstanding position.

Naturally, this happens every 30 years, but this time the transit is particularly significant because Pluto is in Capricorn, and Uranus, the other ruler of Aquarius, is in Taurus, another sign of the earth. Moreover, Jupiter will be in Capricorn and Aquarius in 2020 and 2021. The combination is extremely important and radical as Pluto is completing a cycle of 250 years; the world is going both through a deep transformation and restructuration, at the collective level as well as the individual.

Saturn, as the real key in astrology, in its two own signs represents a huge opportunity to learn and understand the essential nature of this planet; no matter what position it has in our natal chart, Saturn will always involve a Capricorn theme of achievement and success, and an Aquarius dynamics of integration in society and life, in general.

In this workshop, we will find out, in-depth, what means Saturn and all we can learn about its two rulerships together with Mari san who is my great friend and gives me inspiration from an astrological perspective, and all of you who gather in this workshop.



Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan