• XBJ Staff

<緊急メッセージ>コロナウィルスに関するザビエ・ベトコートの見解

最終更新: 3月6日



追記3月6日(金)8:50 am - ザビエ・ベトコートによる英語の原文を追加しました。 - ザビエ本人と内容を確認した点の日本語訳に修正および補足加筆させていただきました。青字箇所がその修正・補足説明となります。 こんにちは、ザビエ・ベトコート・ジャパンです。

今日は、タイトルにもあるように、現在メキシコシティ滞在中のザビエ・ベトコートによる「コロナウィルス」についての見解を述べたメッセージをこちらに掲載させいてただくことにしました。


このメッセージは、ザビエの友人でありアストロロジャー仲間の小泉マーリさんからザビエに届けられた「質問」に対するザビエの「答え」として今朝届いたばかりのメッセージです。マーリさんからのご承諾をいただき、マーリさんからの質問と一緒に、ザビエのメッセージを掲載させていただくことにしました!


突然のコロナウィルスの出現に、不安を感じている人がたくさんいらっしゃると思います。これを書いているわたし自身も、不安を感じている一人です。まさにわたしのような方にこそ、このマーリさんとザビエのやりとりを読んでいただけたらとても嬉しいですし、ザビエもとても喜ぶと思います!


それでは、まずは、マーリさんからザビエへ届けられた質問からどうぞ!


Dear Xavier,

新型コロナウイルスの影響がわたしたちに不安と恐怖をもたらしています。これは当然、1月に完全にコンジャンクションを作った土星と冥王星が関わっていると思います。山羊座の象徴する政府の方策や、大企業のビジネスのカタチが、否応なく変容せざるを得ません。冥王星が「徹底的に」変容を促すために、日本でも観光業をはじめとして、多くの業界で多額の損失が生じています。


木星と冥王星のコンジャンクションが4月5日に起こりますが、その幸運の兆しが見つかる前に、その前の3月22日に土星が水瓶座に入ると、牡牛座に滞在している天王星とスクエアを作ることで、わたしたちの現実的な社会のなかで、より多くのリストラが行われるのでは、という懸念があります。 日本では数年以上前から予測されていた少子高齢化の問題が、この騒動をきっかけに、医療やビジネスのシーンで大きく浮上しているかのように感じられます。


今、まさにわたしたちは、先日ザビエがオンラインのレクチャーで教えてくれたように、水星を賢く使って、この危機を乗り越える必要があるときだと思います。 ザビエに聴きたいことは2つあります。 ひとつは、この危機を乗り越えるために、いま、わたしたちが個々にできることとして、どんなことがあり得るのか、なにかヒントがあれば、教えてほしいです。 また、もうひとつは、20年も日本に通い続けて、日本人の性格や社会の特徴も熟知しているザビエから観て、わたしたちが、どのようなタイプの惑星や星座の影響が強く生じて、そこにいま、もたらされているテーマがなんであるのかを教えてほしいです。

ザビエの愛と叡智に心から敬意を表して マーリ


そして、ここからザビエのマーリさんへ宛てた返信を掲載します。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

親愛なるマーリさんへ


マーリさんからのメッセージを読むことは大きな喜びであり、土星山羊座にまつわる問題に対し、あなたが非常に明晰であることが伝わりました。あなたのメッセージに書いてあったように、高齢者向けの年金・医療への国家の対応や、それらに関連する経済活動が危機的側面に陥っており、その意味するところは、今となっては、権力の構造や過去の効率性が変容(冥王星)していく必要があるということです。もちろん、土星と冥王星のコンジャンクション(合)が、このことを知らしめることになりました。しかし、山羊座土星は、いかなる変化に対しても抗う仕様にデザインされた結晶化のエネルギーを表します。ですから、魚座にある海王星が、何とかしてそれを分解する術(すべ)を模索しなければならかったのです。


コロナウィルスは、権力構造の刷新をするために侵入する秘密の扉を探していました。細菌というのは、12ハウスから出入りするのですが、その領域にフィルターをかける方法は存在しません。細菌とは、力を意味し、海王星の持つ力こそが、土星によって構築された最強のシステムを分解することができるのだと言えるでしょう。


このウィルスによる死亡率が極めて低いことをわたしたちは把握しており、そして、このウィルスよりもさらに強い効力のウィルス(補足:インフルエンザ等)によって、過去に数百・数千の方々が過去にお亡くなりになりました。よって、実際の生存に対する危険レベルが最小なのであれば、このウィルスの本来のパワーの強さは、社会的・個人的混乱を引き起こす許容量をもって推し量ることができるでしょう。


コロナウィルスは、人類が、変化・変容への恐れ、飢餓への恐れ(パニックによる購買行動)、死および溶けて消失してしまうことへの恐れとつながり、それらの恐れを表現することを手助けしているのです。ここで経験するすべての恐れは、この世界の徹底的な変化を体験することからやってきています。この新種のウィルスは、恐れを合理化し、そうすることで自らが抱えるパニックを正当化することを助けているのです。わたしたちは、このウィルスと共に、わたしたち自身が傷つきやすく壊れやすい存在であることに気づいていくわけですが、山羊座土星による権力構造が、個人的にせよ集合的にせよ、わたしたちは傷つかない存在だと信じ込ませたことが、実は妄想だったということへの理解を、海王星や12ハウスが促すのです。


そうです、木星は、今起きているすべてのことの意味を見出すことを助けるのですが、その助けは、わたしたちが土星と冥王星の言わんとしていることを理解し、それに従った時のみ起こることであり、木星は、土星と冥王星の位置する山羊座の監視下にあるこということを、わたしたちは覚えておかなくてはなりません。木星と共に、この次にやって来ることもまた、政治や政治家たちによって明らかにされるであろう権力に対する恐れと怒りを伴った危機でしょう。わたしは香港滞在中に、警察や政府が「権力」という名の武器で、すでに手錠をかけられたデモ参加者たちをいかに殴打し続けたかを、しかとこの目で見てきました。あの目撃した瞬間に、わたしは、中国という国家の中で築き上げられた権力構造が崩壊することが何かしら起こるであろうと感じていました。そこには過剰というまでの(国家としての)自信があったのです。


この時期のピークすなわち本当の危機的瞬間は、山羊座に入った火星が冥王星および土星とコンジャンクション(合)する時(補足:3月8日から末日あたりまでのことをさします)で、その後、事態は徐々に収束していくであろうとわたしは考えています。


ですから、このことだけは覚えておいてください:ウィルス自体はそこまで危険ではなく、危険なのは、わたしたちが自分たちの抱いている恐れをどのように扱うか、ということなのです。そして、もう1つの重要なポイントは、わたしたちがウィルスに対してウィルスへのある種の親近感(補足:例えば「かかるかもしれない」といったような)を抱いた時に、ウイルスから攻撃を受ける可能性が高くなってしまい、そのような場合、どこに隠れてもウィルスがわたしたちを見つけてしまう可能性があるということです。つまり、ウィルスに対して(補足:例えば「ウィルスにかかるかもしれない」という)惹かれるエネルギー自体が存在しなければ、ウィルスが原因で病気になる方法自体は存在しないのです。


皆さん、決してパニックに陥りそうになる状況に屈するのではなく、知的かつ賢明な解決策が見いだせるよう、水星の手助けを受け止めようではありませんか。水星のおとめ座的側面は、健康面の回復への新しく効果的な仕組みを見出すことであり、ふたご座的側面は、新しい方法でコミュニケーションを取ることと、わたしたち自身そして次世代に対し、それを教え伝えていくということなのです。そういったことこそが、この伝染病を扱う最善の方法であり、山羊座冥王星が、わたしたちにその訪れを告げようとしている、250年かけて懸命に創り上げていく新たな時代への創造的な道筋を見出すこととなるのです。


あともう2つの点について言及しておきます。コミュケーションや情報といったふたご座のテーマにおいて、中国(土星山羊座のパワー)がいかにソーシャルネットワークサービスやウィルスの状況に関する見解等を制御しているかということです。もう一つは、ウィルスの名称として名付けられた「コロナ」という名前ですが、ラテン語では王冠(Crown/クラウン)という意味であり、これは土星(Chronus/クロノス)も指し、力・権力と関連している、という点です。


ザビエ・ベトコート


Dear Mari san,

Reading your message was a great pleasure, you are very much aware of the issues of Saturn in Capricorn; as you mention, departments of state and business associated to elderly people, pensions, care and health, are in a critical face; this means the structures of power, efficient in the past, need to be transformed (Pluto) now. Sure, the exact conjunction announced all this. But Saturn and Capricorn represent energies of crystallization, designed to resist any kind of change. So Neptune in Pisces had to find a way to help some sort of dissolution to happen.


The Corona virus has been finding secrets gates to invade structures of power to help renovation. Viruses go in through the XII House, there is no way to filter that area. Virus means force, a Neptunian one that can dissolve the strongest Saturnian system.

We all know now that the mortality with this virus is extremely low, and that hundreds of thousands of people died from more lethal viruses, and so on. Thus, if the actual danger is minimum, then the power of this virus depends on its capacity to provoke social and personal confusion.


The Corona virus is there to help humanity connect and express the fears of change and transformation, fear of starvation (panic shopping), fear death and dissolution. All these fears come from the experience of a world in radical renewal. This new virus makes the fear rational, it helps to justify our panic. With this virus, we realize that we are vulnerable and perishable, the Saturn Capricorn structures of power, either personally or collectively, make us believe that we are invulnerable, Neptune , XII House, is there to understand that that is a delusion.


Yes Jupiter is going to help find a meaning to all this, but only if we understand and obey Saturn and Pluto an remember that Jupiter is under the authority of these planets in Capricorn. What comes next with Jupiter is also a crisis in politics and with politician provoked by the fears and the anger against power. I witnessed in Hong Kong how the police and the government weapons of powers kept beating viciously demonstrators who were already handcuffed. At those moments I knew something had to happen within China itself to start demolishing those structures of abuse of power. Too much hubris.


I think that the peak, the real critical moment will come when Mars in Capricorn conjuncts Pluto and Saturn, then the effect is going to decline gradually.


So, please, remember this: the virus in itself is not so dangerous, what becomes dangerous is how we handle our fears. And, another important point is that a virus can only attack us when we have an affinity with it, a sort of sympathy with it; if such is the case, the virus will find us wherever we hide; if no attraction to the energy of the virus, there is no way we can become ill with it.


Please, let us not succumb to panic, let us Mercury helps us to find intelligent and clever solutions. The Virgo side of Mercury is about finding and applying new and effective systems of health and recovery; the Gemini, new ways to communicate and teach ourselves and the new generation. This will be the best way to deal with this epidemic, and discover a creative paths for the new era that Pluto in Capricorn, after 250 years, is trying, very hard, to tell us is coming.


Two more points: about the Gemini theme of communication and information, see how China (Saturn Capricorn power) represses the social networks, comments about the virus situations, and so on. People are finding new ways to communicate. Second, the common name of the virus is Corona, which means Crown in Latin, this is Saturn (Chronus) associated to power.



マーリさんとザビエの書簡、いかがでしたでしょうか? このメッセージをザビエから引き出してくれたわたしたちの仲間であるマーリさんに、心から感謝しています。というのも、このザビエのタイムリーなメッセージを訳しながら、メッセージとそしてメッセージに込められた二人のエネルギーに元気をもらえたからです。 そして、このメッセージとエナジーが、必要な方にどうか届きますように!あなたのSNSページでぜひシェアしてくださるとうれしいです。ウィルスにはもちろん万全なうがいや手洗いの対策をしつつ、わたしたちがこの期間を少しでも心地よく過ごせますように! 最後まで読んでくださりありがとうございました。


感謝を込めて 持田 直子 ザビエ・ベトコート・ジャパン、訳者

11,934回の閲覧

Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan