• XBJ Staff

2019 新年のご挨拶/Greetings for 2019


立春を迎えました。まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?


今日は、現在香港滞在中で、間も無くメキシコへ戻るザビエより、春節にちなんで新年のメッセージが届きましたので、早速皆さんにお届けしたいと思います。

2019 新年のメッセージ(香港より)

ザビエ・ベトコート


ここ香港では、欧米で祝われる新年よりも春節(チャイニーズ・ニューイヤー)の方が人々にとって遥かに影響を及ぼすのですが、今年は、中国語で書かれた幸運を願うメッセージと共に赤い豚のイメージがあちこちで見られるでしょうし、豪華な食事や贈り物を囲みながら、人々は、今年の干支である豚を讃えることでしょう。


射手座に滞在する木星がその光線を西から東へと広げていることに乗じ、この2019年が新たな発見に満ち、知恵と確信の山々に出会える年となることを願い、私の新年への挨拶として皆さんにお伝えしたいと思います。


個人的なことを言うと、年を重ねれば重ねるほど、生きていること自体に感謝の意が募りますし、他者から学ぶことや私自身のビジョンを他者へ分かち合うという、自身の生きる目的に対し、より納得をせざるを得ないのです。


遥か遠くに垣間見える山羊座の冥王星に悩まされたと思いきや、新たなビジョンとその理解を促す木星や天王星に再び押し上げられながら、今年の私自身の目標(ゴール)を設定してみたのです。この6月に私のクンダリーニヨガの修練が、最初の土星回帰を迎えるにあたり、私たちの人生にとってのヨガが意味することの本質に対し、再びコミットメントをする必要性を感じています。1990年、トランジットの土星は、私の山羊座の太陽と月にちょうど重なっていました。クンダリーニヨガという、土星によって与えられたサバイバルと統合のための道具は、私にとって関わりを持たないことなど到底できないほどに、分かりやすい贈り物だったわけです。この貴重な道具無しに、当時から今へと辿り着く想像など、私には到底つかないのです。


クンダリーニ・ヨガの最初のレッスンの日に、海のど真ん中にいて、その後生き残るためのライフジャケットを手渡されるビジョンを見ました(当時、海王星も山羊座に滞在していたのです)。つまり、私はただひたすら泳ぎ続けなければならなかった、と今なら理解できるのですね。


ヨガとは、一体化し統合することを意味するのですが、現行の山羊座に滞在する土星は、占星学における中心軸と相対するものについてさらに働きかけることを、私に要求してきています。射手座木星が、それぞれのサインやハウス、そしてその相対するサインとハウスについて理解を深めることを助けてくれますが、その相対する関係の間に力強い繋がりがあることを見出した時にだけ、そのハウスやサインの意味を私たちやより深く理解できるのだと思います。だから故、例えば、牡羊座と天秤座は、同じシンボルの中に潜む2つの対極の顔を理解するとにのみ、その2つのサインへの理解が深まるでしょうし、他の例で例えると、5ハウスは、11ハウスとの力学的な繋がりが理解できて初めて、その理解は完全となるのでしょう。


と言うわけで、私のセッションやワークショップでは、これまでに書いたことを更に強調してお伝えしていきたいと考えているのと同時に、今年春のワークショップで、ヨガという非常に実用的な道具をテーマとしてご提供することに至っているのです。


ザビエ・ベトコート

(翻訳 持田 直子)


(原文)


2019 MESSAGE (From Hong Kong)


In Hong Kong the Lunar Chinese New Year celebration has a stronger impact on people than the Western New Year; these days, you can already see red images of the Pig and good wishes messages in Chinese all around you, for almost one week people will honour the Pig with lavish delicious meals and presents.


With Jupiter in Sagittarius spreading its beams from West to East, I want to convey my best wishes for this 2019, a year full of discoveries, mountains of wisdom, and faith.


At a personal level, the older I become, the more I appreciate the privilege of being alive, becoming more and more convinced about my purpose to learn from people, and share my own vision with them.


Torn apart by the abyssal glimpses of Pluto in Capricorn, and then pumped up again by Jupiter and Uranus offering new visions and understanding, I have set my goals for this year. As this next June I will be having my first Saturn’s Return for my Yoga Kundalini practice, I think I have to go over my commitment with the essence of the meaning of yoga in our lives. In 1990, Saturn in transit was conjunct to my Sun and Moon in Capricorn; the gift of Saturn offering me a tool for survival and integration is too obvious to for me to dismiss the connection. I cannot imagine where, and how, I would be now without this precious tool.


On the day of the first lesson of Yoga Kundalini, I had the vision of being offered a life jacket for surviving in the middle of the ocean (Neptune was in Capricorn too); all I needed to do was to keep swimming.


Yoga is about uniting and integrating; this new transit of Saturn in Capricorn is demanding me that I work more and more with the axis and oppositions in astrology; Jupiter Sagittarius is helping me to see more into the meaning of each sign and its opposite, as well as each house and its opposite; we can only understand, in depth, the meaning of a house or a sign when we see the dynamic connection with their opposites. Thus Aries and Libra, for example, can only be properly understood if we think in terms of two opposite faces of the same symbol; any understanding of the Fifth House, another example, is only complete when we understand its dynamic connection with the Eleventh House.


Well, this is what I intend to emphasize more and more in my counseling and workshops, I came to the conclusion that this will offer a deep and more practical tool. Xavier Betancourt

150回の閲覧

Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan