• XBJ Staff

2020年5月名古屋・占星学基礎講座のご案内

最終更新: 5月12日


2020年5月12日更新


ザビエ・ベトコート・ジャパン Presents

ザビエ・アストロロジー

シンボルと神話を通して学ぶ占星学基礎編 第二回 in Nagoya


※オンライン参加が可能となりました※

ザビエ・ベトコートより本講座へのご案内メッセージ


この講座は、占星学の基本的な言語とシステムについて新しく学びたい方々を助けることを意図しています。それとまた同時に、すでに占星学を学んだことから得た知識を深めたり、出生図に対する考え方のアプローチや読み方を深めたいと考えている方々、アストロロジャーの皆さんに向けてもデザインされています。


兼ねてから「出生図は真の曼荼羅だ。」とわたしは伝え続けていますが、まさに出生図とは、終わることのないプロセスや、絶え間なく廻り続け絶え間なく生み続ける宇宙の動きを表現しているわけです。ですから、ゾディアックー黄道十二宮とは、マントラとヤントラのどちらでもあると言えます。すなわち、サインや天体の名前をわたしたちが口にするたび毎に、そのサインや天体のパワーを活性化しているということであり、シンボルを何度も何度も見つめることで、その理解はどんどん深まっていくということなのです。


<原文>

This workshop intends to help newcomers discover the basic language and system of astrology but is also designed for advanced students, and for astrologers who want to expand and deepen their knowledge and approach to thinking and interpreting a natal chart.


As I have been telling every time, as a real mandala, a natal chart is a non-ending process, an image of the constant turning of the cosmos, a constant beginning. Thus, the zodiac is both a mantra and a yantra; every time we go utter the primary names of signs and planets, we go activate their power; every time we see of draw again, and again, their symbols we understand them deeper and deeper.



シンボルと神話を通して学ぶ占星学第二回 プログラム


占星学を新たに学ぶ方、すでに学んでいる方々のどちらにも向けていることを意図した前回の講座では、占星学の基本となる言語をご紹介しました。曼荼羅としての黄道十二宮と出生図の意味や、その曼荼羅が持つリズム、そしてその曼荼羅を宇宙および神殿としてイメージすることを一緒に探求しました。占星学の曼荼羅を通して明らかにされていくシンボルであるサインや天体について、それらが存在の活力そのものであることからも、皆さんにご紹介したわけです。


この第二回では、出生図のハウスに関するテーマについて、ハウスがわたしたちに教えてくれることや、わたしたちという存在の中でハウスがどのように機能しているのかということについてご紹介するのですが、実践的に必要な視点のみに留まらず、わたしたちの人生の目的を明らかにしていくシンボルの深みにおける視点からもご紹介していきます。


それぞれのハウスが持つ意味を超えて、占星学のハウスという概念からわたしたちが受け取れる最も重要な恩恵ーそれは、サインや天体を実際にわたしたちが体験できるということであり、ハウスがあるからこそ、わたしたちそれぞれが持つ出生図に描かれた可能性を表現し、発展させていくことが可能になるのです。だからこそ、いかなるチャートの解釈においても、ハウスとサインの違いをわたしたちは理解しておくべきなのです。


ハウスを探求することで、サインや天体に対するより正確な理解が深まります。今回の重要なポイントとして、前回その深みに十分に触れることのなかった、出生図のアセンダントの意味をより深く掘り下げていきます。



(1) ハウスとは?

a. ハウスを見出していくこと

b. 12のハウスについて

c. サインとハウスの違い

d. 「活動」としてのハウス


(2) チャートの中で起きることは何であれすべてハウスで起きている

a. ハウスをシステムとして考えるーハウスを理解する上で最善の方法

b. カーディナル(Cardinal)ハウスとそのキーワード

c. フィックス(Fixed)ハウスとそのキーワード

d. ミュータブル(Mutable)ハウスとそのキーワード


(3) エネルギーとしてのハウス、ハウスの中のサインと天体

a. エネルギーとは実際何を意味するのか?それをどのように体験するのか?どのように認知できるのか?

b. ハウスのどこに神話は介在するのか?

c. ハウスの中の天体

d. ハウスの中の個人天体

e. ハウスの中の集合天体


(4) ハウスの中の土星、太陽、月(個人天体)について

a. 占星学における最も魅力的なテーマは、ハウスにある天体を学ぶことである。学んでいくには時間はかかるけれど、退屈さを感じることは決してないだろう。数十年に渡る自身の体験をもってそう言い放つことができるのだ。

b. ハウスの中の太陽 体験と機能 啓示 c. ハウスの中の月 体験と機能 リズムと悪循環

d. ハウスの中の土星 体験と機能 難しい務めとそれに対する報酬


<原文>

LEARNING ASTROLOGY THROUGH SYMBOLS AND MYTHS STEP 2

In the previous workshop, intended for newcomers and advanced students, we introduced the basic language of Astrology. We explored the meaning of the zodiac and the natal chart as a mandala, the rhythms of this mandala, and its image both as a cosmos and a temple. We also introduced the signs and the planets, the symbols that are revealed through the astrological mandala, since these are the vital forces of existence.


In this second step, we are going to introduce the theme of the Houses in the natal chart, what they teach us and what is their function in our existence, but from the point of view of practical needs and deep symbolic revelations of our purpose in life.


Beyond learning what each house stands for, the most important benefit of an astrological house is to allow us to experience our sings and planets; the Houses allow us to express and develop the potential of our chart. Thus we ought to understand the difference between houses and signs, to interpret any chart.


Exploring the theme of the houses allows us to understand more accurately about signs and planets. An important point is that we will go deeper into the meaning of the Ascendant in the natal chart, as I feel that we did not go deep enough into it the previous course.


1) WHAT ARE THE HOUSES?

a. Discovering the Houses

b. Presenting the 12 Houses

c. The difference between signs and houses

d. The House as an activity.


2) WHATEVER HAPPENS IN THE NATAL CHART HAPPENS IN THE HOUSES.

a. Approaching the Houses as a system, the best way to understand them.

b. Cardinal houses. Keywords

c. Fixed houses. Keywords

d. Mutable house. Keywords


3) HOUSES AS ENERGY. SIGNS AND PLANETS IN THE HOUSES.

a. What actually energy means? How do we experience it? How we can recognize it.

b. Where do myths fix in the houses?

c. The planets in the houses

d. Personal planets in the houses

e. Transpersonal planets in the houses.


4) INTRODUCING SATURN, SUN AND MOON (THE LUMINARIES) IN THE HOUSES

a. One of the most fascinating themes in Astrology is studying the planets in the houses. It takes years, but you will never get bored with it, I can avow for it after some decades.

b. Sun in the houses Experience and function The revelation

c. Moon in the houses Experience and function The rhythms and vicious circles

d. Saturn in the houses Experience and function The hard task and the reward


ザビエ・アストロロジー

シンボルと神話を通して学ぶ占星学基礎編 第二回


日時:

2020年5月29日(金) 10:00-18:00

※9:40開場・ランチおよびリフレッシュ休憩があります

※定員数の設定があります



インターネットによるライブ参加も可能となりました。 ※ZoomのWebiner機能を使用します※ 名古屋会場※変更となりました※

1日目・2日目:

ナカトウ丸の内ビル第一会議室

460-0002  愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6  ナカトウ丸の内ビル 2階 アクセス


お申込時の確認事項

※お申込の際、下記を必ずお読みください※


(1)本講座は、2019年10月に実施した第一回講座に参加された方及び第一回講座の動画をご購入の上、ご視聴した方にが参加対象となります。第二回から参加される場合は、第一回講座の動画ご購入・事前のご視聴が必要となりますのであらかじめご了承ください。


(2)本講座は、一般的な占星学における「12サイン」「10天体」「四元素」について基礎知識をお持ちの方向けにデザインされています。初心者の方へは、基礎知識の資料を無償配布していますので、ご希望の方はお申込フォームにてご希望ください。その資料に記載されている情報を事前にインプットした上でのご参加をお勧めします。


(3)講座当日、受付にて参加者皆さん全員に各個人の出生図をお渡しします。ご自身の出生図に関するさらなる理解にお役立てください。その準備のため、お申し込みの際に出生データの入力をお願いしております。オンライン参加の方へは事前にメールで送付します。


(4) 本ワークショップは、記録のために動画および写真の撮影を行います。撮影された動画は、参加者の皆さんに講座終了後にインターネット動画配信を予定しております。記録写真を撮影しますが、関係者を除き個人が特定されないよう配慮して撮影させていただきます。あらかじめご了承ください。


(5) 携帯電話通信会社のアドレスでお申し込みの方(@softbank.ne.jp, @docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp など)で、メール受信設定の関係上、事務局からのメールが届かないとご連絡いただく事例が多く発生しております。その際、迷惑メールフォルダおよびinfo@xbjapa.netからのメール受信設定のご確認をお願い申し上げます。受信設定上の都合でこちらのメールが届かない場合、お席確保に関する責任を当方では負い兼ねますので、予めご了承ください。


参加費:

第1回目参加者の方 ¥21,600(税込)

※2daysセミナーと合わせてお申込いただく場合の割引料金は、3日間全日程合計¥57,000(税込)となります。


第2回目から参加希望の方 ¥43,200(税込) 第一回講座動画付

※動画は配信サイトVimeoにてパソコン・スマートフォン・タブレットからご視聴いただけます。ご購入手続き後、視聴に必要なパスワードをお渡しします。

※2daysセミナーと合わせてお申込いただく場合の割引料金は、3日間全日程+動画合計¥78,600(税込)となります。


参加費お支払方法:

お申し込み後にご案内する所定口座への銀行振込をお願いします。

※振込手数料のご負担をお願いしております。

※現金(銀行振込)分割払に対応しております。ご希望の際は、お手数ですが事務局までご連絡ください。


お申し込み方法:

下記リンク先のフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。お申込後、事務局より詳細のご案内メールを送付します。そこに記載された所定口座への参加費お振込確認順に「お申込確定」とさせていただきます。なお、お申込金¥10,000を先にお振込いただくことで、お席の確保をさせていただくことが可能です(動画購入金額には適用できません)。その場合、残金は5月14日(木)までにお振込をお願いします。このような形でお席確保をご希望の方は、お手数ですが事務局までお声がけください。


お申込フォーム: https://form.os7.biz/f/0d53ba62/


■ 重要事項(お申込前に必ずご確認ください)■


キャンセル規定について:

お申込み確定後にキャンセルされる場合、下記の規定に伴い、キャンセル料をご請求させていただきます。


ご参加確定後~開催日2週間前までのキャンセル 参加費の30%

上記以降開催日前日までのキャンセル 参加費の50%

開催日当日キャンセル 参加費の100%


なお、キャンセルに伴うご返金が発生する場合、振込手数料を差し引いた金額を返金させていただきます。あらかじめご了承ください。



講師:ザビエ・ベトコート

通訳:持田 直子 (ザビエ・B・ジャパン/株式会社Power in U代表)



主催・お問い合わせ先:


ザビエ・ベトコート・ジャパン事務局

URL: http://www.xbjapan.net

メール: info@xbjapan.net

住所: 名古屋市中川区宗円町2丁目20 (株)Power in U内

Phone: 052-880-0072 (受付: 月-金10:00-17:00)


Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan