• XBJ staff

2019年5月宮古島リトリートのご案内

最終更新: 2019年2月13日


2019年2月13日(水)プログラム内容更新! タイムテーブル欄にプログラム内容が追記されました。


2018年は、5月・10月の2度に渡り、ザビエ・ベトコートによる占星学シンボルの探求ワークショップを開催し、日本全国からたくさんの方々にお集まりいただきました。ありがとうございました。


2019年は、これまでのワークショップから続いていく形で、学びの場所を従来の名古屋から沖縄県・宮古島へ移し、宮古島の素晴らしい自然の中だからこそ可能な3日間の学びの時間へとご案内させていただくことになりました。これまでのワークショップにご参加いただいた方々にはもちろんのこと、ザビエとの占星学の学びが初めてである方へもご案内させていただきます。


今回も、ザビエが親しみと信頼を抱き2018年より共に学びを深めている占星術家・小泉マーリさんをゲストナビゲーターとしてお迎えしています。企画の段階からすでにザビエに様々なインスピレーションを与えてくださっている、ザビエにとって貴重な存在でり、旅の仲間であるマーリさんに今回もご一緒いただけることを心より光栄に嬉しく感じています。


また、通訳には現地・宮古島で長年通訳や海の案内人をされている宮嶋亜矢子(あこさん!)さんをお迎えして2名体制でお届けします。宮古の海を知り尽くすあこさんが案内してくださるツアーもプログラムの中に盛り込まれていますのでお楽しみに!


訪れる頃にはすでに夏の日差しが眩しいであろう宮古島にて、皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。


ザビエ・ベトコート ザビエ・ベトコート・ジャパン事務局



ザビエ・ベトコート・ジャパン presents

宮古島 ザビエ・アストロロジー・リトリート

クンダリーニ・ヨガの実践を通じ、土星への理解を深め、 自身の出生図を生きることを更に活性する3日間



ザビエ・ベトコートからのご案内メッセージ



土星とヨガの関連性について


ヨガは、明確かつ実践的にわたしたちに以下の理解を促しています。


土星が一体何なのか、土星が与えるレッスンはどのような内容で、わたしたちは自分たちの日々の生活や人生のゴールにおいてそのレッスンをどのように生かすことが出来るのか。

わたしたちの出生図における土星の機能は、自分自身を統合し、わたしたちの人生における使命を完遂するための体制づくりを手助けすることですが、そのような体制づくりを経てゴールにたどり着くには、常に労苦と努力が伴います。そして、このことがまさにヨガそのものでもあるのです。すなわち、ヨガとは肉体・マインド・スピリットの完全なる統合へと至るための鍛錬であります。


わたしは、自身の28年のヨガの修練を通じて、ヨガと土星が非常に密接に関わっていることを見出すプロセスを体験し続けています。最初の頃はまだ、ヨガを修練することは、自分自身の土星を理解し、使いこなすことへのヒントとしてのみ活用するに過ぎなかったのですが、幾年もの時間を重ねた後、土星とヨガは単に関わりがあるということではなく、全く同じものとして存在していることに確信を持つようになり、今では、そのことに一片の疑いすら持っていないのです。


ヨガと土星が、同じ現実を表現するための2つの異なる方法に過ぎないことを、わたしたちは証明することが出来るでしょう。生まれながらに共にあるこの肉体という物質や、自身を取り巻く状況、自身が生まれ持った才能、そして負った傷でさえも、今生の人生でわたしたちそれぞれが自身の人生を生き、己の良心へとたどり着くために携えてきたものなのです。


インドに伝わる錬金術における土星は、ヨガの神と呼ばれており、同様にヨガもまた、錬金術そのものだと考えられています。土星は、秘教的伝統の世界では解放への扉だと考えられ、西洋に伝わる錬金術では、金に変容されるべき物質である鉛(なまり)として考えられていました。


ヨガが不変的な実践を必要とする鍛練であることにはすでに既に納得済みのわたしですが、34年の占星学カウンセリングの活動を通して、土星がすべての人に強いる日々の中で実戦することや、仕事、習慣や傷を通して、わたしたちはすでにヨガのような修練をしているのだ、と考えるようになったのですが、実際にヨガを修練することがもたらす違いは、ヨガ自体が、すべての動きに対し、気づきと意識的な観察を求めることでしょう。


土星を理解するための実践的な方法として、ヨガを超えるものは絶対的に存在しません。それ以外の方法は、類似しているように見えるでしょうがそれ以上ではないか、もしくは希望的観測にすぎません。とても極端な意見のように聞こえるかませんが、そもそも土星自体が極端な存在なのです。


今回のリトリートでは、クンダリーニヨガを皆さんと分かち合いながら、実戦的かつ具体的に、肉体をも駆使しながら、土星とは一体何なのか、そして、土星がわたしたちをどのように手助けしようとしているのか、ステップを追いながら一つ一つ検証していきたいと考えています。


初夏の宮古島で土星とヨガと共にある3日間を皆様とご一緒できるのを心待ちにしています。


2019年1月 香港にて

ザビエ・ベトコート/Xavier Betancourt


(原文)


SATURN AND YOGA


Yoga allows us to understand, clearly and practically,


what Saturn is, what his lessons are and how he can direct these to any other aspect of our daily life and goals.

The function of Saturn in our natal chart is to help us build a structure to become integrated and accomplish our mission in life; this requires constant toil and effort directed to clear goals. And this is also what yoga is: a training to reach a total integration of body, mind and spirit.

Throughout my 28 year practice of yoga, I have been through a process of discovering that yoga and Saturn were intimately associated; first, it was only a hint that working with yoga meant understanding and learning to use my Saturn; after some years, it became a certainty; now I have no doubt, Saturn a yoga are more than related, they are the same thing.


We can testify that yoga and Saturn mean only two different ways to express the same reality: we are here in this life to work with the material we are born with, our body, our circumstances, our talents, even our flaws, to attain conscience.

This is way Saturn, in Indian Alchemy, is called the Lord of Yoga, and yoga, for this same tradition, is alchemy. In the esoteric tradition, Saturn is the door leading to liberation; in Western Alchemy, Saturn is the lead, the raw material, the body that has to be transformed into gold.


Yoga is a discipline requiring constant practice, through my 34 year of counseling in Astrology, I became convinced that, through our constant practices, work and habits, the toils that Saturn impose to every person, we all practice a sort of yoga, but what really makes the difference is that yoga demands awareness and conscious observation of every step we make.


There is absolutely nothing more practical to understand Saturn than yoga. Any other recipe is only an approximation or a mere wishful thinking. It sounds radical, but Saturn is radical. In this workshop we will try to prove at each step, by means of Yoga Kundalini, in practical and concrete terms, with flesh and bones, what Saturn is and how he means to help us.


I look forward to seeing and getting together with you all in early summer Miyako island to spend meaningful 3 days accompanied by Saturn and Yoga.


Xavier Betancourt in Hong Kong


開催概要:


宮古島 ザビエ・アストロロジー・リトリート

クンダリーニ・ヨガの実践を通じ、土星への理解を深め、 自身の出生図を生きることを更に活性する3日間



日程:


2019年

5月8日(水) 12:00 現地集合

5月10日(金)12:00 現地解散


※定員数の設定があります。

※現地までの交通機関の手配は各自でお願いします。



会場:

ホテル マリンロッジ・マレア 宮古島

沖縄県宮古島市下地字与那覇847-3

website


タイムテーブル予定(時間帯や内容に若干の変更が生ずる場合があります) ※2019/2/13 追記


1日目:5月8日(水)


12:00 受付


13:00 Day 1 レクチャー「イントロダクション」

1. ヨガの基本ポジション・土星と重力について

2. クンダリーニ・ヨガの基本呼吸について説明と実践

  水星を描く

3. 様々な種類の呼吸、ムードラと惑星について。

  体内に惑星を感じるには?

4. Kuriya(クリヤー、クンダリーニヨガのエクササイズ)とは?

  シンプルなクリヤーの修練と瞑想


18:00 Day 1 レクチャー終了

19:00 イブニングヨガ(予定)


2日目:5月9日(木)


8:00 モーニングヨガ(予定・希望者のみ)

10:00 バスツアー 宮古島及び近隣の島

12:00 ランチ


13:00 Day 2 レクチャー「ヨガと気づき」


1. ヨガと四大元素について

  四元素と四つの機能、ユングと肉体、肉体・ソウル・スピリットについて

2. 対極を見出し、繋げること

  クリヤーと惑星について

3. 木星、繁栄、クンダリーニについて

4. 終わることのないクリヤー:太陽と土星について


18:00 Day 2 レクチャー終了 ★スペシャルイベント★

20:00 ザビエ&小泉マーリさんによるアストロロジャー対談     参加者の皆さんから質問を募集する予定です!


3日目:5月10日(金)


10:00 Day 3 レクチャー「クンダリーニヨガによるヒーリング」


    短いクリヤーとシンプルで活用的な瞑想の実践

    3日間のまとめ・質疑応答

11:45 Day 3 レクチャー終了

12:00 解散



参加者全員に各自の出生図(ネイタルチャート)を初日受付時にお渡しします。参加者の中からどなたかのチャートを例にとって説明として活用させていただく場合があります。その際、チャートが参加者の皆さんに公開されます。その希望の有無は、お申し込みフォームに設問項目を設けてありますので、そちらで意思表示をお願いいたします。


※お申込の際、下記を必ずお読みいただきご留意ください※


(1) 今回のワークショップは、一般的な占星学における「12サイン」「10天体」「四元素」について基礎知識をお持ちの方向けにデザインされています。初心者の方へは、基礎知識の資料を無償配布していますので、ご希望の方はお申込フォームにてご希望ください。その資料に記載されている情報を事前にインプットした上でのご参加をお勧めします。

なお、昨年(2018年5・10月)のワークショップご参加の方向けに配布した資料と同内容となります。


(2) 本ワークショップは、記録のために動画および写真の撮影を行う可能性がありますが、撮影された動画が一般に公開されることはありません。



参加費:


(A)マリンロッジマレアの宿泊2泊(4名1室)を含む場合

¥62,000(税込)

※非常にリーズナブルなセット料金です

参加費に含まれるもの リトリート全プログラム参加費、マリンロッジマレアでの2泊分宿泊費(朝食2回分含、4名一部屋)追加1泊¥6,156(税込)で前後泊追加可能です。


(B)宿泊を含まないリトリート参加費のみの場合

¥49,680(税込)

参加費に含まれるもの リトリート全プログラム参加費

宿泊は各自でお手続きいただきます。


※4名1室の和室はこちらです。お風呂・お手洗い・洗面所は共同利用となります。


参加費お支払方法:


お申し込み後にご案内する所定口座への銀行振込をお願いします。

※振込手数料のご負担をお願いしております。



お申し込み方法:


下記リンク先のフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。お申込後、事務局より詳細のご案内メールを送付します。そこに記載された所定口座への参加費お振込確認順に「お申込確定」とさせていただきます。なお、お申込金¥20,000を先にお振込いただくことで、お席の確保をさせていただくことが可能です。その場合、残金は3月31日(日)までにお振込をお願いします。このような形でお席確保をご希望の方は、お手数ですが事務局までお声がけください。



■ ご注意ください ■

携帯電話通信会社のアドレスでお申し込みの方(@softbank.ne.jp, @docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp など)で、メール受信設定の関係上、事務局からのメールが届かない例が発生しております。こちらからは確認の方法がありませんので、念のため該当のアドレスの方は受信設定のご確認をお願い申し上げます。受信設定上の都合でこちらのメールが届かない場合、お席確保に関する責任は負い兼ねますので、予めご了承ください。



お申込受付開始日時

2018年1月21日(日)13:00


お申込フォーム 


https://form.os7.biz/f/2ae8f0bf/



■ 重要事項(お申込前に必ずご確認ください)■


キャンセル規定について:


お申込み確定後にキャンセルされる場合、下記の規定に伴い、キャンセル料をご請求させていただきます。


ご参加確定後~開催日2週間前までのキャンセル 参加費の30%

上記以降開催日前日までのキャンセル 参加費の50%

開催日当日キャンセル 参加費の100%


なお、キャンセルに伴うご返金が発生する場合、振込手数料を差し引いた金額を返金させていただきます。あらかじめご了承ください。



講師:ザビエ・ベトコート 

企画サポート:小泉マーリ

通訳:持田 直子 (ザビエ・B・ジャパン代表/株式会社Power in U)

  宮嶋 亜矢子(アイランドエッセンス)





主催・お問い合わせ先:

ザビエ・ベトコート・ジャパン事務局

URL: http://www.xbjapan.net

メール: info@xbjapan.net

住所: 名古屋市中川区宗円町2丁目20 (株)Power in U内

Phone: 052-880-0072 (受付: 月-金10:00-17:00)

Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan