• XBJ Staff

<後編>リリスとダークマザー Lilith & Dark Mother



※前編をまだお読みになっていない方は、前編の記事から読み進めていただくことをお勧めします。


リリスが表現しているダークな女性の側面というのは、主に中世の時代、男性支配的なヘブライ文化の伝統において、ユダヤ教の研究者たちによって書かれた多くの書物の中で築き上げられてきました。そのような考えを残した男性たちは、この「リリス」という男性的なルールの中に我が身を投じることを拒絶するというレジェンドである女性に、彼ら自身が抱いていた女性に対する恐れを明らかに投影したのです。男性支配的な体制は、女性のいかなる視点や態度をも糾弾し且つ排除してきた結果、リリスとはいつしか、「悪魔の源」の代名詞となっていったのでした。


ヘブライ(古代イスラム)の宗教は、主にシュメール、バビロン、フェニキアといった古代メソポタミア文化に端を発しており、多神教をはじめ、イナンナ・イシュタル・アスタルトといった、愛・喜び・多産と関連のある女神の崇拝でもありました。これはわたしの個人的見解ですが、多くの神や女神を有する伝統は、明暗のどちらをも有するアーキタイプ(原型)の存在を比較的容易に認めていると思うのです。例えば、女神の場合であれば、慈養的な母というイメージの一方で、自分の子供を貪り食いしてしまう。それなのに、婚姻した男女と、彼らの性的に得られる喜びを祝福する、といったような、両極を表現するようなアーキタイプを指します。一方、一神教の場合ーユダヤの伝統とその継承であるキリスト教やイスラム教は、女性の神性を否定し、最も官能的であり肉感的な女性の神性的側面を、悪魔のようなダークな生物と関連付けたのです。


わたしは、カソリックの伝統の中で育ってきたのですが、男女に関わらず人間の中に眠る邪悪な考えを引き起こすと言われ、角があり山羊の足を持った恐ろしい邪悪なスピリットが、紛れもなく、あのギリシャ神話の中で音楽と性的快楽の神として出てくるパン(Pan-ギリシャ神話に出てくる牧羊神)と知った時には、安心しつつも驚いたのでした。それは、アーキタイプが崩壊させられることなど不可能だということが理解できたからなのです。キリスト教の神学者たちは、人間性が抱える全ての影の側面、それも主に性的な衝動を自由に表現することへの原因をパンになすりつける形で、彼を追いやりました。 よって、パンと彼の仲間たちであるニンフ(ギリシャ神話ー妖精)を追いかけるサテュロス(ギリシャ神話ー牧羊神)は、人類の影の部分へと押し込まれていったのです。そうなったことで、彼らはキリスト教徒たちを、教会が定めた「正しい道」から外れることへと誘惑し続けているのです。


これに非常に類似したことが、母性と女性のアーキタイプ(原型)にも起きたと言えるでしょう(ここで一つ明確にしておきたいことがあります。'ダーク'という言葉の持つ意味ですが、シンボルと心理学の世界においては、決して「悪」を意味するということではない、ということを覚えておいてください。)。例えば、カーリー(ヒンズー教における破壊と死の黒女神)やその他の古代の女神たちが、自らが産んだ子供を後に死に至らしめるというのは、リリスに起因するとされたのでした。この流れと同様に、女性の質が持っている性的快楽と誘惑を味わう能力もまた、男性的支配体制にコミットした男性たちが女性のパワーを恐るばかりに、糾弾されたのでした。


時折、女性のダークサイドすなわち女性の中の隠れた悪魔が、男性的支配の独裁に対し、反乱を起こすのです。冥王星の山羊座移行がダークマザーをエンパワーしている(力付け応援している)ことは、明らかなのです。ハリウッドのハーヴィー・ワインスタイン氏の一件に見てとれるように、ダークマザーの怒った娘たちが、影の中から出てパワフルな男性たちに対し復讐をしているのです。


幸いにも、占星学における月が象徴することは、男性のチャートにおいてグレイト・マザー(偉大な母親)と女性的なパワーといった相対する全ての側面を布置・統合し、その月(と金星)は、その男性の最も内側にある女性に対する恐れと、彼が意識的・無意識的に抱く母親像について語ってくれるのです。女性のチャートにおいて、月と金星は、彼女と母親の関係性について語っているだけでなく、彼女自身が母親になることに対して持っている可能性と同時に、男性に向けた創造的且つ破壊的なパワーについても、わたしたちに見せてくれるのです。


ザビエ・ベトコート

翻訳:持田 直子(Power in U, Inc./ザビエ・ベトコート・ジャパン)


---------------

英語原文


LILITH AND THE DARK MOTHER --- Continued from this page.


This Lilith aspect of the dark feminine has been developed by the patriarchal Hebrew tradition, mostly during the Middle Ages, in many of the books written by Jewish scholars. These men are, obviously, projecting their own fear of the feminine on this legendary woman who refused to summit herself to the male rule. The patriarchal regime condemns any standpoint attitude in women; cast away, Lilith came to represent a source of evil.


Some of the Hebrew religion’s sources come from ancient cultures of Mesopotamia, mainly Sumerian, Babylonian and Phoenician religions which were polytheists and worshipped goddesses such as Inanna, Ishtar and Astarte, all of them associated to love, pleasure and fertility. Personally, I find that a tradition with many gods and goddess admits more easily the bright and dark side of the archetypes that they represent. A goddess can be both a nurturing mother but can also devour her children; she can bless a married couple and rejoice in their sexual pleasure. When monotheism, the Jewish tradition and its heirs, Cristian and Muslim religions, denied the feminine divinity, the most sensuous and voluptuous aspects came to be associated to devilish dark creatures.


Brought up within a Catholic tradition, I was astonished, though relieved, when I discovered that the devil, that frightening evil hairy spirit with horns and goat feet who provokes bad thoughts in men and women, was, in fact, no other than Pan, the Greek god of music and sexual pleasure. An archetype cannot be destroyed; when the Christian theologians repelled him, they made him responsible of all the dark aspects of human nature, mainly the expression of free sexual instincts; thus, Pan and all his companions, the satyrs chasing nymphs, withdrew to become part of the shadow of mankind; from there, they keep tempting Christians out of the right path established by the Church.


Something very similar happened to the darks aspects of the Mother and Females archetypes (let us remember that dark does not mean bad, in a symbolic and psychological context); the power that Kali or other ancient goddesses have to reclaim their children who are born from them, and later on die and become humus, was attributed to Lilith. In the same manner, the eternal feminine capacity for pleasure and seduction was also condemned, basically because men, committed to the patriarchal, regime were afraid of that feminine power.


From time to time, the dark side of the feminine, those female hidden demons, revolt themselves against the patriarchal tyranny. This is clear now with the transit of Pluto in Capricorn empowering the Dark Mother; the Furies (the angry daughters of the Dark Mother) come out from the shadow to take revenge and destroy powerful men, as in the case of Hollywood Harvey Weinstein.


Fortunately, the symbol of the Moon in the astrological chart can constellate and integrate all those contradictory aspects of the Great Mother and the Feminine power; in a man’s chart, the Moon (and Venus) tell us about his innermost fears and desires towards women, as well as his conscious and unconscious mother image. And in a woman’s chart, the Moon and Venus, besides telling us about her relationship with her own mother, these two planets show us also her potential for becoming herself a mother, as well as her creative and destructive power towards men.


Xavier Betancourt

0回の閲覧

Copyright © 2018-2020 All Rights Reserved.  Xavier Betancourt Japan